写真 2021-10-02 9 20 39.png

 ​クロウ 

主人公。死神の内の一体。識別番号は960。
不備によるものなのか、他の死神と比べて体躯が小さく幼い容姿。
しかし小柄な事を逆手に取り、身軽さを活かした戦い方をする等

センスが良く、戦闘能力は抜きん出ている実力派。
その為、魂の回収ではなく『欠陥品』を処分する役割を
主に担っていた。

現在は特例を無視した挙句リリィを連れて逃亡という異常行動を取ったが故に、過去最悪の欠陥品として他の死神に命を狙われている。

死神らしく無感動で無感情だったが、リリィに出会ってから

徐々に感化され、喜怒哀楽その他の感情を得た。
ストレートで素直な発言をするが、表情筋はあまり仕事をしない。

クロウという呼び名は識別番号を元にリリィが考えたもので、

宝物のように思っている。

誕生日:9月6日

身長:149cm

1人称:俺

2人称:君、名前呼び捨て

関係等:リリィ→リリィ。大切な人。

        何も無かった俺に、沢山の宝物を与えてくれた。

        命に代えても守りたい。

    管理者→作ってくれた事には感謝しています。

        ですがリリィを殺せという命令だけは、

        どうしても聞けません。
  

写真 2021-10-02 9 22 52.png

 ​リリィ 

ヒロイン。庭にユリの花が咲き誇る大きな屋敷に住むお嬢様。9歳。

両親や使用人と暮らしていたが、現在は家を出てクロウと行動を

共にしている。死神の管理者の特例により、寿命がまだ来ていないにも

関わらず死神達から命を狙われている。
本来人間に認知出来ない筈の死神を目視するだけでなく触れる事まで

出来る等、特異な体質を持つ。

沢山の愛情を受けて育った、純粋無垢で優しい心の持ち主。

素直だが相手を傷つけるような発言はしない、温かな人格者。

律儀でプラス思考。読書が趣味で、世間知らずではあるが物知り。

体が弱く、療養の毎日を送っていた。
周囲から善意だけを与えられていた事、籠の中の鳥にも似た生活を

していた事により、綺麗な心と歳不相応な物腰を得たと思われる。

クロウとは相思相愛の仲。
生後まもなく養子に出されており、家族とは血縁関係ではないが、

リリィ本人はその事を知らない。

誕生日:6月25日

身長:125cm

1人称:わたし

2人称:あなた

関係等:クロウ→クロウ。だいすきな人。

        少しでも長く、一緒に居たいな…。

        瞳の色が青空みたいで、とても綺麗なの。

    管理者→笑っているのに、どうしてかしら。

        泣いているように思えるの…。
  

写真 2021-10-02 9 24 33.png

 ​管理者 

黒幕。死神を統括し管理している存在。

人間の魂を使用して自身の姿を元にした死神を製造している。

いつも張り付いたような笑みを浮かべており、

何を考えているのか分からず得体が知れない。

口調は優しいが、冷たく容赦のない言葉を吐く。

感情を持ってしまった死神を『欠陥品』として扱い処分させる等、

柔らかな物腰に反して無慈悲。
自分の言う事を忠実に聞いてくれる死神に対しては良い印象を抱き、

同胞殺しを難なくこなしていた960はかつてのお気に入り

(現在は最悪の欠陥品と見なしている為、評価が反転している)。


冥界に住んでいた人々の実験の産物。

不老不死に加え全てを破壊せしめる力を持つが故に

脅威であると判断され、冥界に幽閉された

(その後人々が移住したのが現在の人々が住む人間界)。
他人を根本的に信用しておらず、死神のモデルを自分の姿にしたのは

それが大きく影響している。『欠陥品』を処分したがるのも、

感情を得た=意思を持っている→信用出来ない、という理由。
死神を用いて人間界に干渉し、人間の魂で死神を製造しているのは、

当時の人間に対する復讐心から。
リリィの命を狙うのは、自分を冥界に幽閉した人間の代表格の子孫

である為(リリィが死神を認知出来るのは血の影響)。

身長:183cm

1人称:私

2人称:お前

関係等:クロウ→​残念だよ、960。君には期待していたけれど、

        どうやら私の勘違いだったようだ。

    リリィ→小娘…忌々しい血の匂いがする…。